さらさら日記

仕事に行ったり音楽や心理学の勉強をしたり時々旅行に行ったりの日々の日記

2010年09月

余韻

舞台の余韻をひっぱりつつ、少しずつ日常に戻ってきています。

月曜日、会社で「まだ気持ちがどっかいってるんじゃない?」と聞かれました
そのとおり
戻ってきてませんでした

そう言ってくれた人は、お兄さんが昔役者を目指していてプロダクションに所属してプロとして活動してたことがあったのでわかったそうです。
「お兄ちゃんも舞台が終わった後は、そこにいるけど気持ちがどっかにいってるような不思議な感じだった」と言ってました。

そう言うことをわかってくれる人が職場にいてくれるのは嬉しいです^^


あと「筋肉痛になってない?」って二人から聞かれた(ノ ̄□ ̄)ノ

びっくり〜〜〜
そんなダンサーいないと思うんですけど普通の人からみるとそんな感じなのかな?


昨日と今日は練習休みました^^
久しぶりに早く帰って買い物とかして。

早く寝てもまだネムイ。
しばらく疲れがにじみ出てくるかも。

明日から練習しようと思ってスタジオ予約した。
しばらく一人で頑張ってみます

今回の公演で思ったのだけど、私はパーカッションとしての表現も好きだけど、形の表現もかなり好きらしい。
それから感情表現の部分。

リズムそのものは感情を持たない気がする。
もっと原始的なエネルギーだと思う。

本当に自分が好きなことは、イメージとして今までもっていたものとは違うかも知れないと思いました。
自分がやりたいことは自分が見つけて作っていくしかないですね?
自信とか、全然ないけど、どこかで教えてくれるはずもないので頑張る; ̄0 ̄)ノがんばって、自分を見つけたいと思う。

マジカル・千秋楽(つづき)

えっと、「つづき」と書きましたがあとは何があったかな^^;

初日を見に来て下さった松本先生が、公演のことをブログに書いて下さいました

2枚目ぶってたという「ひとし」はフルくんです
「身体の利くダンサーが揃っていて」と書いていただいた通り、ほんとに「踊れる」人が多かったです。
みんな人づてに誘われて今回始めて参加したダンサーばかり。

そういう人たちと一緒に踊れたのはほんとに楽しかった。


タップダンサーとモダンダンサーが敵対するペアになって絡むシーンがあって、私の相手はすごく魅力的でかっこいいダンサーさんでした
この時、お互い自分の役を演じて踊ってる気がしてすごい燃えてしまって楽しかったのです。

公演後の打ち上げで私が帰るとき彼女に挨拶しに行ったら、わざわざ立ちあがって手を差し出して握手してあいさつしてくれたので、”Hさんの視線にやられてその気になってしまいました”と言ったら、”私もです!”と言ってくれました
嬉しかったな(*´∀`)

踊れる人と、感覚を共有しながら一緒に踊るのはほんとに楽しい

そう言う”合う”人とはめったに出会えないけどね


今回の公演は、来ていただいた方にはほんとに好評でびっくりするくらいでした。
最後の2週間、みんなが「チケット買って下さった方につまらない思いさせるわけにはいかない、自分がなんとかしよう」と思ってがんばったのが実ったのだと思う。
気持ちがまとまってベクトルが同じ方向を向くって大事ですね。
そして、奇跡はおこる

よい経験になりました。



公演終わって、お客様に挨拶して、撤収して、一旦家に帰って荷物を置いてとって返して打ち上げへ。

人が多くて、座ってしまうと話せなかった人がたくさんいて残念でした
ついついタッパーで固まってしまう

タップチームもすごく今結束が固くて、これで終わるのは寂しくて悲しい。
名残惜しいです。

でもとりあえず、またタップの打ち上げするから^^←解散は先延ばし。

マジカル・千秋楽

公演2日目で千秋楽。

今日も朝9時に楽屋入り。ほんの10時間前に別れた人とまた会う(^^;とか、夜の1時にメールして「じゃあ8時間後にまたね」と書く、とかいうのはなかなかきつい(−−;


今日の本番はいろいろトラブルがありました(^^;
出だしはみんなもちょっと力が入っていたかもしれません。

ドラムが小節を見失って止まるところが早すぎて、タップだけのアカペラになってしまったり、板について踊り始めてみたらけんじさんいなかったり。←単なる出とちり←適当なとこで出てきた(−−;

私も最後の方の長い曲で、途中で衣装の腰に巻いた布がほどけて落ちてしまい、拾って一旦はけて、また巻いて、適当なところでもう一回出ました。

個別に見ればもっといろいろあったはず〜(;´Д`)ノ

でも踊りきりました!


タップの松本先生が昨日見にいらしてました。
モダンの人が公演のことをお知らせしたそうですけど、終わってロビーでその人が挨拶したとき、開口一番、あのタップの女の子達はもっと出来るはずなのにもったいない、と言っていたそうです。兵士の役だったんですけど、役にとらわれ過ぎていてタップを踊りきっていなかった。もっとタップでもはじけて力を発揮することが出来るはずだって。
最後のボディーパーカッションを踊るのを見てそう思われたそうです。

(って、が〜〜っと語ってから、”ところでお久しぶりです。今日は楽しかったですよ”と普通にあいさつされたらしい^^;)

おっしゃったのがどういう意味なのかまだよくわからないんですが。ただ役にとらわれるとかそういうことではなく、自分の踊り全体としてタップを踊りきっていないと言うのはなんとなく自分でもそう思う。自分で決めた限界の中で自分を守りながらやってる感じかな?

松本先生のタップは私も大好きで会ったことはないけどかなりリスペクトしているので、その松本先生にそんな風に言っていただいたなんて、ありがたいです。

なんだか泣けましたつД`)・゚・。・゚゚・*:.。


それを考えながら今日は踊りました。

そしたら、もちろん失敗もたくさんしたけど、今まで1度も全部の音をきれいに出せたことのない部分が、今日の本番では全部出来た。
練習でできないことが本番で出来るなんて普通はありえない。

でも出来たのはなんでだろう?
そこに、今自分に一番必要なものがあるような気がする。

(つづく)

初日(マジカル)

公演初日でした。

来て下さった方々、どうもありがとうございました!

朝9時に楽屋入り(といいつつ、9時に駅に着いてコンビニ寄ったらみんないた)、サウンドチェック(タップも楽器なので、バンドの最後に)、場当たり(といいつつ一番心配なラスト数曲の通し(ときどき止まる))、ゲネ(ちょくちょく止まる←不安すぎる)、それから問題のあったナンバーの調整。

18時半にお客様が入って、19時開演でした。

照明のタイミングが遅くていつまでも暗転にならず、出演者もお客さまも困るというのもあったけど…
とてもノリのよい暖かいお客様で、それに自分達も踊っていて楽しくて

たくさんリハをして、まだまだ全然だなあ(;´Д`)ノとは思ったけど、やっぱりやっただけのことはあったのかもしれません。

もちろんたくさん失敗はしたけど。タップを踏み損ねた、音をとれなかった、とかそういうの。

でも楽しかった。こんなに楽しい舞台は今までになかったです。

20日前にゲネがあって、その時はもうこのままじゃお客様を呼べないと思ったし、私はタップのことしか考えてなかったのですが、あれをきっかけにみんなが変わりました。

ちょうど演出を専門とするシャア先生がいて、みんなも言われたままにやっていてはだめだ、自分でなんとかしなければ、と思ったのでパワーが出たのだと思います。

奇跡、とか魔法とかかもしれません。

終わってから、ロビーに出て来ていただいた方に挨拶したのですが、みんなほんとによかったよ、と言ってくれました(*゜▽゜)
他の出演者もそうだったらしいので、きっとほんとうにそうなんでしょう。


あと1回踊ったら終わりです。
明日、貴重な貴重な最後の1回。
大事に思いをこめて踊りたいと思います。

ホールにて

今日は公演をするホールでのリハでした。

朝、リノリウムを搬入してみんなで敷いて(搬入の車が遅れて私が着いた時にはまだ誰もいなかったけど)、その後夕方までダンサーで借りきっていた。

金曜日で平日なので、モダンはほとんど集まれず、多くの人が仕事休んだタップが8人中5人集まったため、かなりじっくり舞台を使わせていただいて、場当たりして各曲踊ることが出来て助かりました。

広い広いリノの舞台。

今まで、タップが踏めるスタジオは狭く、広い稽古場はタップが踏めない、と言う中で練習してきたので、初めて実寸大でタップが踏めた。
贅沢なスタジオだな〜と思いました(^^;

実際タップシューズで踊ってみると、移動が思ったより遠い。あれだけ広さの違いを考えて練習してたけど、やっぱり違うんだな。


タップが贅沢に使わせてもらった後は、最初から曲を順番に流して全体でいろいろと調整を。

振りの変更や追加があってから初めて踊る場所があったり、踊れてない場所がいくつもある。

そして夕方リハ終了。


この時間でもう帰れるらしい( ̄Д ̄;;

みんなまじ喜んでた(^^;

タップもモダンも連日リハーサルをして、みんな疲れてるので…。


とはいっても、タップはこの後パーカッションとリズムの確認をしました。
今日はけんじさんいなかったんだけどね。
でも問題なく済んだと思います。
廊下の端のスペースでスニーカーで軽く…という話だったけど、踏むと”軽く”というわけにはいかない(;´Д`)ノ
なんだかめいっぱい踏んでしまうのがタップダンサーというものですね(^^;
”軽く”だと思って着替えちゃったら大汗かいてしまった。

でも、リズムの確認をして合わせられたのでよかった。
音をそろえやすくなったし、少し安心できる感じになりました。

ちょっとだと思ったら、小一時間やってしまったけど、それでも時間は早く、帰りにYちゃんと池袋で食事しました。
ちゃんとしたお店で座って、ちゃんとした料理を食べるのも久しぶり。

明日はゲネ、そして本番です。
楽しめると思います。



ラスト1

今日と明日は仕事、お休みとりました。
4月に入社したのでまだ有給が発生してなくて、夏休み分の2日間です。(3日はすでに使った)

本番終わった次の日に休んでのんびりしようかと思ったけど、悔いのないように燃え尽きるために前にしました。


タップチームに今日仕事休んだ人何人かいるので、午後からもう自主練習が始まっていた(;^^A

私は3時頃行った。


今日は少し暑さがゆるんだけど、やっぱりすぐに汗でびしょ濡れになった。

小さなスタジオで5時まで練習して、コンビニに冷たいものを買いに行って、食料も買って大きなスタジオへ移動。

5時半から10時までリハ。だんだん人が増えて、8時くらいにけんじさんが来て全員になった。

リハ、今日で最後です。

最近になって新しくついた振りを細かくやったり、昨日ついたばかりの振りが難しすぎて違うのに差し替えたり…。時間目いっぱい使って、30分オーバーして、出来る限りの練習した。

でももうここまで。

みんなありがとう。本番がんばろうね。

けんじさんのレッスンは無期限で休講になっているので、みんなで集まる予定も次はありません。

いつかまたこんな風に会えるようにと願っています。


けんじさんのレッスンを望む人はたくさんいるので、私は行かないのだけど、続けてほしいと思います。。。



明日は朝からホールが借りてあって、舞台で稽古ができる、、と聞いているのに何時にいけばいいのか、どういうタイムテーブルなのか、まったく連絡がない。

リノの搬入を頼まれた人には早朝集合の連絡きてるらしいのに、そのほかの人にはまったく何も言ってこない。一体どうなってるのか?

リハ後、ゆ〜こさんがしゃあ先生に聞いてくれて、しゃあ先生もよくわからないんだけど10時ごろに行く。というので、自分達もそうすることにした。

深夜過ぎて、主催者からのメールが転送されてきた。
もういいです。

調整つかず

今日は夕方からとどろきアリーナという、すごーく大きなところでリハでした。
大きなリハはこれが最後です。

最後だと言うのに…、シャア先生が演出に加わってからほんの2週間ほどで…あまりに時間がなくて、、いろんな変更があってからあまり踊り込めず。
変更があってほんとにわかりやすくおもしろくなってるし、モダンよくなってきたなぁ、と思ったのも、シャア先生の演出のせいらしいです。
でも固める時間がないんですよ。

シャア先生はとても悔しそうでした。

タップも、今日になって新しい振りが何か所もついて、、、それもモダンとの絡みの部分なんですけど、すでにそれぞれが振りとしてやることがある中でうまくそれをいれていくのが難しくて・・もっと早くからこうしてたらもっと流れ良く出来たのに。。。

自分達から提案出来なかったタップダンサーの責任もあります。

けど、やっぱり状況的に無理だったかも。

帰りの電車でモダンの人と話したんだけど、なんとなく演出や振付に口を出してはいけないような雰囲気がありましたから。
みんな余計なことを言ってはいけないと思っていた気がする。

でも8月のゲネをきっかけに、このままではまずいとわかってみんなのなかに自主性が生まれた感じです。


今はほとんど全員が思ってると思うんですけど、十分とはいかないけど、とにかく出来る限りのことをしないといけない。
チケットを買って来て下さる方がいるから…、、構成的には私達が口を出せない部分があるのでそこは申し訳ないんですが、自分が何とか出来るところでは楽しんでいただけるようにしなければ、と思います。


私は今日はなんだか集中出来ませんでした。

自分がもうここにいない人のような感じがして、楽しくないし笑えない。
気持ちをどうもっていけばいいかと、、
どうしたもんですかね〜。

力づくで上げてくしかないか。
ちゃんとダンサーにならないと。

季節の変わり目

気がつけば8月が終わってました(;´Д`)ノ
今日から9月で、夏が終わった感じがして寂しい…。実際にはまだ暑いけど(;^^A

今年の8月はすごい勢いで駆け抜けた。これまでの人生で最高速度かも。


この舞台が終わったら、少し一人になって自分のタップを探そうと思ってます。

いろいろ事情があるのだけど、一番は自分のため。

いろんなレッスンを受けに行こうかとも思ったけど、ちょっと一人でやってみようかな(*´∀`)
一人でどのくらいできるかで、どのくらいタップが好きかわかるかなぁ、とか…

今のままでは"自分"がなくて、どこにも行けないと思う。

一人で練習するのって寂しい時もあるけど、すごい人ってみんな、一人でひたすらやる時があるような気がします。


今回の舞台が終わるのは、私にとっては今の仲間と一緒にいる期間の終わり。

またどこかで一緒になるといいけど、先のことはわからないので。


すごく感傷的になってしまうわ。
…なので、いろんなこだわりをなくして、無心に踊れたらいいと思います(*゜▽゜)
プロフィール
1-026

アラフィフです。2017年4月から音楽専門学校の社会人コースに入学しました。1年間パーカッションと音楽理論を勉強します。将来、リズムをセラピーに使いたいなぁと考えております。
今まで通信制大学で心理学を勉強してきましたが、今は言語療法士(言語聴覚士)の仕事に興味を持っています。
☆Satoko☆


月別アーカイブ
コメントありがとう^^
  • ライブドアブログ