今日は書きたいことがたくさんあって3度目の更新です(^_^;)長くなってすみません。

フロア振りってやっぱり体力使うので、昨日おとといの練習で疲れてあちこち痛い。よって自宅練はお休みとしました。

で、美容室に行った^^。
美容師Iさん、足にギブスをしてました。サーフィンやってて骨折したそうです。うわ〜痛そう、大変でしたね。でも手じゃなくてよかった^^手だったら当分仕事出来ないもんね。とかいろいろお話を。

Iさんによると、ギブスって自分でカパっとはずしてまた装着できるそう。


Iさん「だからはずしてお風呂にも入れるし便利ですよ」

私「(え〜?)…あっためると痛くなりませんか?」

Iさん「なんでわかるんですかっ?昨日お風呂に入ったらもう痛くなって大変でした(>_<)」

私「(やっぱり〜)捻挫とかでも傷ついたばかりで腫れてるうちは暖めちゃだめなんです。冷やす方向ですよ。腫れが引いて組織が再生してきたら暖めてもいいんじゃないの?」

Iさん「そうなんですか( ̄□ ̄;)!!」

この人危ないよ…。骨折してまだ1週間なのに、そろそろギブスはずして車運転して出勤したいと言ってるし(怪我は右足)。
Iさんに何かあると、私の髪の毛困るんだから、大事にして下さいね(--;)

でもIさんによると、怪我する前は「アレも出来ない、コレも出来ない」といろんなことを思っていたのが、怪我してからは「足が動かなくても、あれもこれもできる」と出来ることを探すようになったそうです。プラス思考かマイナス思考か、同じ状況でも見方によって自分の満足感ががらりと変わる。ということ。
それと、体の不自由な人ってきっとこういう見方をしてるんだ、と思ったそうです。

あ〜そうなんだ!すごい気づき!

こういうのは知識で知っていても、感覚として受け入れるのは体験を通してしか出来ないし、本当のところは体験した本人にしかわからないことですよね。

Iさん、見直しちゃった(^-^)