駒場でタップ&ヒップホップでした♪

朝から暑かったですね(@@;)もうすぐ7月だもんね。

ここで一緒にタップを習ってる小学5年生の理央ちゃんがこないだから劇団四季のライオンキングにヤング・ナラ役で出てるんですけど、みきちゃん(仮名)がさっそく見てきて「ほんとに理央ちゃんすごいよっ(_ _)ノ_彡☆」と興奮して語ってくれました。
やっぱりいきなりプロの商業演劇に採用される(去年ピーターパンでデビュー)のは並はずれた才能があるということなんでしょうね。反射神経とか視野の広さとかね、努力はもちろんしてるだろうけど天性のものだろうな←学び取りたい(--;)

今日は理央ちゃん来てたけど普通の女の子なのよ〜。

私も行きたいけど、ダブルキャストどころかヤング・ナラだけで6人もいるので理央ちゃんが出る時に都合がつかないとダメなのだ。早く観たい!


2月に出た発表会の写真が先日届いて、あとDVDも今日m先生から頂いたのです^^(どっちもプロのカメラマンが撮ったもの←高い)

タップとヒップホップに出ましたが、ヒップホップの方はすごく写真写り良くて5千円分も写真を買ってしまった(^^ゞ
さすがプロの仕事で、暗闇の中から上がってくる振り付けの箇所も、顔の表情までしっかり写ってるんですよ。

そして帰ってDVD観ました(*^^*)コワイものを見るようにハラハラドキドキ。特に間違えた記憶はないのに間違いが写ってないか心配してしまった。
タップは音まではわからないので踊ってる様子だけみるとそこそこに見えるもんだな。と。
逆にヒップホップはすごく気持ちよく踊れたのに、ビデオで見るとまだ動きが小さくて鈍い。あの程度じゃノリが伝わらないんだなーと思いました。
まあ、実際とビデオもまた違うんですけど。

例え上手じゃなくてもこうやって記録が残るのはいいものですね。どの舞台も宝物。また頑張ろうと思いました。