腰が危ないのでダンスの練習を控えめにしてたら、食べられなくなってきた_| ̄|○
空腹なのに、ちょっと食べるとすぐ満腹ぽくなっちゃう、いつもの症状だ(−−;

腰痛いからって練習さぼっちゃだめですか?
これって自分の真実に背いてる?

??

とか思ってたら、日課で引く3種類のカードで(←3種類も引いてるのか?)立て続けに
「自分の義務を果たす」「意志」「妥協してはいけません」と、

さぼるなヾ(*`Д´*)ノ”!

と言ってると思われるカードが出てきた。

まじで?(;´Д`)ノ…

う〜〜ん。。でもこのまま練習を普通に続けても怪我につながるだろうし。



いろいろ考えた結果、

もしかして、この腰をなんとか保持して来週ヒーラーの先生に治してもらおうっと♪という、他力本願の考えがいけないのかも?と思いつきました。

人に頼らないで、自分が悪くした腰は自分で責任をとってなんとかしないといけないのかな?

まあ来週ヒーリングを受けるにせよ、、調子悪くなったからもうダメ〜、ではなく、自分の行動の責任をとれ、ということか。。

というわけで、できるだけ今まで通りの練習を続けられるように自分で調整する意識を持つようにしました((*´ο`*)=3)

ストレッチの他に、腰を緩める動きや、腰痛体操や友達に教わった自力整体の動き(たしかこんなだった…みたいな(^^;)をやったり、

あと、ストレッチしながら息を吐く時に、腰に溜めたネガティブなエネルギーをはき出すつもりで呼吸します。
↑これは効いた!
嘘みたいだけど、す〜っと楽になったよ(⌒〜⌒)

腰痛体操はむか〜し旦那に教えて、自分は忘れていたのを、つい最近「腰が痛い時、教わった腰痛体操するとよくなるよ」と旦那に言われて、その存在を思い出したもの。

息と共にネガティブなエネルギーをはき出す、というのは、昨日久しぶりに読んだ越智啓子さん(サイキックの精神科医の先生)のマンガに書いてあったの。
怒りとか、自己否定とか、いらないエネルギーをはき出す、と自分で決めて吐き出せば、ちゃんとその通りになるんだって。

たまたま、そう言う情報を最近受け取ってたのでやってみました。

これでどんな感じになるかは、練習もやってみて、結果を待て!ですね。

といいつつ、今日はもうだいぶさぼってしまった。
あ〜練習しなきゃ〜。