昨日はn子さんのワークショップ(リハ)でした。
あ〜これでもう最後。
7月頃から初めて、まだまだだと思ってたけどあっという間だった。
アカペラを一緒に踊るr子さんと仲良くなれたのも嬉しいです(*^^*)

r子さんはジャズダンスのスタジオでタップをやってるそうで、レッスンではいつもレオタードを着ないと気が引き締まらないと言う。
私はダボダボの服でしかレッスン受けたことがないので、そういう世界もあるのか!と思ってびっくりしました(^^;←だから緊張感が足りないのか??

イベントに出ると、一緒に踊る人達と段々一体感が出てくる感じがたまらず良いですね♪

リハーサルは、4時間みっちりやったけど、段々楽しくなってきたヾ(@⌒▽⌒@)ノ
本番楽しみだなあ。
今週一週間、出来るだけ質を高められるように稽古しよう。


お気に入りのブログを見ていたら、私も習ったことのあるタップダンサーの方のページで素敵な言葉を見つけました。

you have to start somewhere.
(恥ずかしいのでこっそりリンク)

どこかで始めないといけない。という意味だそうです。
記事も素敵な内容で、すごく勇気が湧きました。

いろいろなことに感謝して、こうやって踊れるという喜びを噛みしめながら頑張ろうと思いました^^。