昨日はタップのリハで場当たりと通しがあった。
通しで見ると、このスタジオの発表会はしかけがいろいろあって、ストーリー性があって、普通の発表会と全然違うな〜と思った。
きっと見に来る友人にも楽しんでもらえそう♪

が、会場が小学校の体育館だったもので寒いの何のヽ(´Д`)ノ

リハって待ち時間が長いから(>_<)、ずっとダウンコートを着てたけど、夜になるとしんしんと冷えてきて凍死するかと思った(―_―;

キッズのお母さんがお菓子を差し入れてくれて、クッキーを一つ食べたら少し元気が出て、山で遭難した人がチョコレートひとかけで命をつなぐのがちょっぴりわかった気がした(^^;


昼に場当たりがひとつあって、通しが夜だったため、空いた時間に同じナンバーに出演するOさんについて三鷹の方の公園に行きました。
ここでタップを練習してる人がいるというので…。

ここも寒かった〜{{(>_<)}}

でもみんなで即興で踊って回すの、初めてやった。
全然できなかったけど楽しかった(*^∇^*)

もっと自分の中にネタを持ってないと、ということと、曲のリズムを早く掴めないと!と言うことを感じました(;´Д`)ノ

一緒にいた人には、こういいのはどんどんやんなきゃだめだよ〜と言われたけど、その通りだと思う(^^;
でもあれだけ踊れないのにどんどん板に乗る私も偉いと思ったσ(^◇^;)
…ていうかみんなが優しいのか?


公園タップをやって、リハでいろんなナンバーをみて思ったことがある。


まだタップに余裕がなくて思いきり踊れないせいかもしれないけど…

タップって、ストリートダンスと比べると踊ってる!(≧▽≦)/という楽しさが薄い(私には)
もっと全身で表現してる感覚が欲しいです。

足を動かすのに一生懸命過ぎるのかもしれません。しかもまだいろんなことがちゃんと出来てないし。

でも通しで見ていても、タップじゃなくてヒップホップとかハウスのナンバーが楽しくて踊りたくなってくる。
ずっとストリートダンスのスタジオに通って、そっちの曲の方が好きというのもあるけど…。

ロッキンで思いきり踊った快感が残ってるだけに、あぁ、タップのこういうところが引っかかって今までタップ一本に絞れなかったのだな、と思いました。

K先生のタップは私には踊ってると感じられて感覚的に満足できるので、タップに絞ろうという気になったのだけど、自分のどんな風に踊りたいのか、もっと真面目に考えないとだめですね。