今日、リハに向かう電車に乗っていたら向かいの席で激しく手を振る人が!
誰かと思ったら、、オーラソーマのファンデーションコースをご一緒して仲良くなったchiikoさんだった(ノ ̄□ ̄)ノ

お互いブログは読んでいたけどず〜〜っと会う機会がなくて、、今日会えたのは本当に不思議に思えました。

たったのふた駅だけど近況を報告しておしゃべり…、、その中で、chiikoさんが言ってくれた言葉が心にしみた(´∀`)

それは、私がどんな踊り方をするのが向いてるか、ということを、chiikoさんが”私はこう思うよ”と言ってくれたもので、実は以前、前の教室での発表会を見に来てくれた時にも同じことを言ってくれていた。

で、実はそのことは、唄の友人が以前合唱団でうたっていた時に私がその友人に対して思っていたのと同じことで、友人がそっちの方向に進みだしたとき私は本当にうれしかったのです。

けど、その唄の友人も、私と会うたびに”やらなきゃだめだよ!”って口をすっぱくして(^^;言ってくれてたのでした・・。

そのたび”私なんかまだ全然だからそのうち・・”と言っていたけれど、前々から発表会のような大きな舞台の練習をするたびに頻繁に感じる違和感から考えて、”まだまだ”とかじゃなくて、私の個性がそっち向きなのかも?という思いに至りました。

考えてみれば、今までの人生で一番好評だったのは、ある発表会でそういう踊り方をさせてもらったときでした!!

だったら本当にそうなのかも?もしそうなら、ちゃんと自分にそうさせてあげないとだめですよねσ(^◇^;)


chiikoさんはオーラソーマのコースをご一緒した時からは想像もつかないほど、多方面で活躍されてるのだけど、話をしたらユニークでほのぼのと温かいところは変わりませんでした^^。私たちちょっと似てるかも?と思います。

chiikoさんも近々発表の場を控えているそうです。
chiikoさんも頑張ってね!