10日くらい前に、以前タップを習っていた伊藤夏子さん(n子さん)からメールを受け取りました。

中身は、夏子さんがやってるユニットの若いメンバーの方が都合でやめることになったので、サポートメンバーを募集しているのだけど、SARAHさんどうですか?というお誘いでした。

このユニットは、東京都ヘブンアーティストのライセンスをもってるのでストリートでも踊るけど、クライアントからの依頼を受けても舞台をするので、お金をいただいて仕事で踊る。

もちろん、私はこんなお誘いをいただいたのは初めてで(*゜▽゜)

メールを見た瞬間に”やります!!”と返信したのは言うまでもなく。。

メンバーの募集は何か所かにかけているということで、一応月末まで待って、今日、正式に”一緒にやりましょう”とメールいただきました。

もう本当にうれしいです(T▽T)

ダンスを仕事にしようと、ダンスセラピーを考え始めた時にこういうお誘いをいただいたのも不思議です。
セラピストとダンサーへの流れが並行して進んでる感じが嬉しい。
文字通り夢への一歩って感じです。

ギャランティーは出るらしいけど、実際はそれまでの稽古代の方がかかったりするので収入にはなりませんが、それよりも踊れるということと経験の方が大切ですね^^。


最初の仕事は5月だそうで、3月4月はそのリハ(つまり1から振りをいただくので・・)とナショナルのリハが重なって忙しそうだけど、全然平気です♪
頑張ります〜〜; ̄0 ̄)ノ