朝テレビつけたらオリンピックの閉会式をやってて、え、もう終わり?と思って驚いた
あっという間ですね〜ていうか、フィギュアのエキシビションうっかり見損ねた(;´Д`)ノ

思えば。タップから始まったオリンピックだったな〜〜〜(←私だけ?)
誰ともまだ、開会式のタップの話したことないんですけど
みんな見なかったのかな、開会式のタップ。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。



家の「バイト」無事終了して、昼過ぎに帰って来た

部屋でいろいろ、いろいろ用事を済ませて夕方プリメーラへ

まず自主練習して、それからボディーパーカッション。

自主練習は、mp3が使える部屋ではipodをつないでシャッフルモードで、出てきた曲で練習します。
こないだ暇な晩にBOKKOFFに本買いに行ったついでにTSUTAYAでCD借りてきて、ipodに入れようとしたら容量オーバーだったので聞き飽きた曲を消して入れ替えたので、今日は新しい良い感じでした
これで足が思った瞬間にちゃんと出ればね〜〜〜(;´Д`)ノ


それでボディーパーカッションのレッスンは☆

なぜか部屋のラジカセがCDをうまく読まず
アカペラでレッスン。

リズムを歌う練習したら息継ぎする場所がなくてノリを出す前に苦しい(@@)
けんじさん、よくそんなに唄えますね(^^;と感心したら、
途中吸ってると、、、
あ〜〜〜、だから息が続くのか。でも器用ですね〜〜。

それでかなりたってからようやくCDが読めて、ようやくかかった曲が「カメレオン(ハービー・ハンコック)」だったので、最初とイメージがちょっと違ったっぽかったけど、ジャズでファンクでサンバな振りになった。

でも、みんながちゃんと共通のイメージで歌えてると、アカペラでパートごとに分かれて合わせても合いやすいような気がしました!

レッスンの後ちょっと出た話から思ったのですが、私はやっぱりリズムから振りが生まれるのが好きです。
そうすると見た目がおもしろくない、と言う人もいるかもしれないけど、形でつくってないからこそ人が意図したものを超えた面白さが生まれる可能性があって、特にけんじさんのは意図を超えた形が面白いと思う。
きっと、頭で考えたものは限界があるけれど、意図しないからこそ一番リズムを表現する形になってるのかも。

タップやボディーパーカッションはもともとリズムから生まれるもので、ムーブメントの踊りではないのでそもそもそうなのですが、形から作られた振りよりリズムから生まれた振りが私は好きだし、面白いと思う。
何よりリズムを体で感じるのは快感です

私はボランティアでダンスを教えていたときに、そういうおもしろさを伝えたいと思ったのですが、自分の力不足もあってよい振りが出来なかったり、形を踊る方が簡単に踊りっぽく見えるとか、いろいろな事情があってなかなかうまくできませんでした。
それがとてもフラストレーションで、自分がやりたかったことをやりきれなかった部分でした(ノ_<。)

リズムって説明しにくいし、単純なやり方でも表現するには意外とテクニックが必要なんですよね

次はもっとやれるように、自分の表現(踊る方も作る方も)を磨いておきたい。。


今日は雨だったのでコンビニなしで現地解散だったけど(自転車が2名いたので)、この話をした時私は個人的に熱くなってました(≧m≦)