フラメンコを見た後、自主練とボディーパーカッションのレッスンへ

30分くらい早く着いたのでマックでカフェラテを飲みながら、SALSA SWINGOZAの中で1番好きな曲の小節数を数えてみた。
踊りたい、と思う曲、私はいつも数えてみて全体の構成を調べます。

そしたら、リズムが複雑で数えられないところがあるの(;´Д`)ノ
何回も聴いても??????(@@)…ってなるんじゃ、踊れるはずないよね

自主練習は、最初はThe Brand New HeaviesのTSUTAYAで借りたCDを使って☆持ってた曲の違うアレンジのもあったのでおもしろくて。

でも最後はSWINGOZAを聴いて、やっぱり、これどうなってるんだろう…(−−;と思って、軽く合わせながらすごく考えてたらもうレッスンの時間で、いきなり(に私は感じた)けんじさん入って来たのでびっくりした(ノ ̄□ ̄)ノ

今日のレッスンは私以外来てなかったので、ラッキーにも個人レッスンで(お得です〜〜σ(^◇^;))ボディーパーカッションですらなくほとんどタップ(≧m≦)

ラテンのリズム

タップしながらクラップが入るところが唯一ボディーパーカッションなところ。

ある意味マニアックで(マニアックにとらえることも、簡単にとらえることも出来ると思う)、難しかった。
今の私の興味から言うと、ほんとに必要な内容でした。

ラテンのパーカッションを理解するにはもっといろいろ勉強しないとだめみたい。
私も、教則DVD探してみよう。

でも教わったリズムを練習するのはすぐできますからね〜(*´∀`)

低音のアクセントの入れ方で、普通あまりつかわないような方法も教わりました。
このやり方でどの程度の音が出るかはわからないけど、動きとしては私にはやりやすいかもしれない。
私はヒールのアクセントはうまくないので(出来なきゃいけないんだけどね)これも使えるようになればアドリブの時おもしろいかも。

使えるように練習してみたいと思います; ̄0 ̄)ノ


帰りはコンビール
あったかくなってコンビールに良い季節になりました^^
今日は缶ワインてのを買ったら、アルコール分11%もあって酔いました