今日のフェルデンは、先生の話を聞く時間があっていろいろ勉強になりました

まず、日本人と西洋人の骨格の違いについて。。
日本でしばらく教えていた外国人の先生が発見したそうなのですが、

日本人は腕を伸ばした(過伸)状態の方が肩が自由に動くんですってー。
逆側に反るくらい伸ばして力を抜いた状態です。

私も、仰向けに寝て腕を伸ばして腕を動かす(動かしてもらう)と肩や肩甲骨が柔らかく動いてふにゃふにゃな感じになりました。
肘を曲げると腕が動くだけで肩や肩甲骨はほとんど動かないです。

西洋人は逆に、腕を伸ばすと肩が動かず逆に体に負担がかかる人が多いそうです。

これをその外国人のフェルデンクライスの先生は4年かけて発見したのだとか。

すごい発見だと思います(ノ ̄□ ̄)ノ

ということは、肩がこって腕をぐるぐる回すとき、日本人は肘を伸ばして回した方が肩がほぐれるということになりますね

光景としてはヘンですが、やってみたら実際そうでした。。

肘が反るくらい伸ばして力を抜いて、肩で回すのではなく、腕を動かす感じにすると出来る気がします。

これを利用して新しい動きを発見したり、発見するきっかけになるかもしれないですよね。


今日はためになった話がもう一つあります

それは二重あごについて(^^;
私はすっごい若い頃から二重あごで(−−;悩みのたねでしたが、最近よくなってきた気がして、姿勢と関係あるんではないかな?と思って話の流れで聞いてみたら、、

あごを引くのがよい姿勢だと思い込んで、ずっとそうしている人は、脂肪があごの周りに蓄積しやすくて二重あごになりやすいそうです。

なるほどそれはうなずける

モデルさんとか、ポスチュアスタイリスト(歩き方の先生)の方の写真を見ると、意外とあごをあげているなぁ、と思ってました

あまり姿勢を固定せずにいろいろ動かすのがいいのだそうです。


そんな感じで、今日はすごくためになったね〜〜とみんなで話して帰ってきました^^

もちろんレッスンもよかったです


レッスンのあと、なんとなくお茶がしたくなってコーヒーやさんでカフェモカを飲みました
天気もよかったし気持ちよかった

帰ってきて、ご飯食べたりネットをしたりコーヒーを入れたりぐずぐずしてますが、勉強しなくては; ̄0 ̄)ノ