今回「春蘭の宿 さかえや」は、ちょっと宿泊代がんばったので楽しみでした。

お部屋はこんな感じ
1-P3190100
和室のシングルがあるのはめずらしいですよね?
最初からお布団敷いてあります。←むしろ嬉しい^^
ごろんと出来るし←する暇なかったけど。
狭いと圧迫感あるかな?と思ったけど、お部屋の玄関から上がったところが結構広く、ゆったりと感じました。
なんなら二人でも泊まれそう(^^;

一休みしたら早速外湯巡りに出かけることにします。
今回のメインイベント♪

部屋に、浴衣と丹前と羽織が置いてありました。まだ浴衣と羽織だけでは寒い感じ。
これをどう着るか?しばし悩み、浴衣→丹前→帯→羽織、としてみました。

外に出てみたら、浴衣→帯→羽織、でその上に丹前をだら〜っと羽織っている人がいたけど、
それだとずるっとした感じになるので違うんじゃないか?と思ったんですが、どうなんでしょう?

普通に浴衣+羽織で歩いてる方も多く、温泉はいると暑くなるので問題なさそうでした。

1-DSC_0087
この鍵をもって出発。

フロントでスタンプおす手ぬぐいを350円で購入。
全部はまわらないかも、と思ったけど記念なので〜(^^)ゞ

まず一番近い2番「笹の湯」へ。
誰もいなかったので写真撮った。
1-DSC_0071
わーい♪

ところがこれが熱い( ̄Д ̄;)
熱いとは聞いてたけど…掛け流しのあふれてくるお湯が熱くて、水でうめるための蛇口までいくのが大変。
水でどぼどぼうめても、全然入れるようになる気がしない(;^^A←さわれない。
結局、黄色い桶でくんでそれを水でうすめてかけ湯をして(それでも熱い)入ったことにしました。(それでも十分あったまった)

隣の男湯には、男のコ達のグループが来ていて、「うぉ〜〜〜っ」「無理無理!」と賑やかでしたー。

外に出て手ぬぐいにひとつめのスタンプ♪

2番湯の向かいにあるお土産屋さんのおばちゃんが、出てきた男のコたちに、「入れた?」「足、真っ赤じゃない!」「あとで寄ってね〜」などと話しかけてました。
私も、ぽかぽかになって靴下履くの忘れたので戻ったら、「あら、忘れ物?」「帰りに寄ってねー」と言われた(;^^A

温泉街
1-DSC_0072


ここが有名な金具屋さん〜。
1-DSC_0077


どこも熱くて入れなかったらどうしよう。と思ったけど、他のは大丈夫でした。
前に人が入っていて、水でうめていれば入れる。
ずーっと誰も来てないと熱湯です。

2番の後、1番→8番→7番→5番と入りました。
平日のせいか誰とも一緒にならなかった。
湯あたりしないようにと、さくっと入っていったのですが、お湯が一つ一つ違ってる気がしたし、楽しい。
スタンプがたまっていくのも思いの外楽しい〜〜ヾ(≧∇≦)〃

がんばればもう少し行けそうだったけど、食事前に宿のお風呂でゆっくり体洗ったりしたかったからいっぺん戻りました。

宿のお風呂は、やっぱりホテルの大浴場らしく♪
ここもがらがらでした〜。
広々ときれいで露天もあって、これはこれで落ち着きました。

(つづく)