昨日、大学から面接試験の結果が届きました。
不合格でした

あ”ー、やっぱりあの研究計画書ではダメだったか。。。と思い、がっくり
受かっても、研究するのに困るかもしれないから、よかったのかもしれないけど。

残念。ていうか失恋したような状態だなー
これからの進路をまた考えなければいけないのも辛い。

今回の受験勉強で眼精疲労となり、今その後遺症(?)で頭痛外来に通っていて、来年も同じように勉強するのは難しいな、と思っていたのですが、やっぱり再受験かな?
でも、どうしてもなりたいなら、倍率の高すぎる放送大学一本はやめて、他のとこも受けてみようかな?と思い、いろいろ検索していたら、

日本初の心理職の国家資格となる「公認心理師法」の法案が、今年9月に参院で可決されたというニュースをみつけた。←(古!)

今更気づく私も悪いが、いろいろ検索して調べて見ると、早くて2017年4月から施行されるとか。それまでに現職に着いている人や、臨床心理士をめざして勉強中の人は、経過措置で比較的簡単な試験で「公認心理師」の資格がとれるらしいです。
というか、そうなるんじゃないかな?と言ってる段階みたいで。。。

じゃあ、これから目指す人は?というと、2017年4月に大学院に入学できるように来年必死に勉強して受験を受かるしかない、という意見と、「公認心理師」は学部卒も求められるので3年次編入して心理学部卒業資格からとる方が結局は早い、と言う意見があり、よくわかりません。

ちなみに、2017年までに合格すれば、というのは大学院受験の予備校の先生の意見でした。

心理学部卒の資格が必要になれば、実は私は放送大学の心理学の科目は結構とっているので、3年次に編入すれば割と簡単にとれると思うのです。

でも、もしがんばって大学院に受かったとして、卒業後臨床心理士を受けて、それから公認心理師をうけるのだろうか?
なんか疑問が。。。?
臨床心理士って必要?

というか、国家資格を私はとりたいのだろうか?
なんだかわからなくなってきました。

それより、今回研究計画書を書いていて気づいたのが、やはり自分の研究フィールドがないと研究計画書をかくのも難しいということ。
あと、ほんとうに自分に心理カウンセリングが向いているのか?やりたいことと言えるのかって、やってみないとわからない。

それには、何年もかけて勉強する前に、ボランティアでもいいのでカウンセリングが出来る方法をまず探した方がいいのではないか?
そのルートも、そう簡単ではないのですが、そんなことを検討しています。